プロテインの種類

プロテインと一言で言っても、多くの種類があるのを知っていますか?用途や効果によって選ぶプロテインは異なり、それによって得られる結果も違ってきますから、自分が求めているプロテインをしっかり見極めて購入、摂取することが大切になってくるのですが、じゃあ実際に世の中にはプロテインの種類がどれだけあるのか?という疑問も湧いてきます。

プロテインで一番メジャーで、かつ代表的なのは「ホエイプロテイン」です。プロテインは筋肉アップに使うというイメージがついたのも、このホエイプロテインが関係しているでしょう。牛乳を原料としている乳清タンパクで、吸収が早くタンパク質の量も豊富で、まさに筋力アップのためのプロテインといっても過言ではありません。

そして次にカゼインプロテイン。これも牛乳が原料ではあるものの製法が違うので、得られる効果も変わってきます。吸収がホエイに比べてゆっくりで、栄養を持続的に摂取することができます。
(参考:グルタミンでストレス解消?

ホエイと同様に筋力アップに効果がありますが、どちらかというと栄養摂取を目的としている場合が多いようです。

そしてソイプロテイン。これは牛乳ではなく大豆を原料としており、動物性ではない植物性のタンパク質となります。イソフラボンの効果で血流の促進に繋がったり、骨の強化やお肌の健康を整えるといった結果が見込めます。ダイエット時に摂取することで、栄養を取りながら効率的にウェイトダウン、シェイプアップができるという評判もあります。

大きく分けて3つのプロテインを紹介しましたが、これらの中にも更に細分化されたプロテインの種類があります。他の栄養素を含んでいたり、筋力というより体重増加に期待できたり、それこそ挙げたらキリがないほど多くのプロテインが世の中に存在しています。それぞれの特徴を理解すると、より効率よくいい結果を得られると思うので、自分が求めるプロテインはなんなのかを学ぶことも大切になりますね。